直接手で触ってはいけません!切手収集用品の紹介

切手用ピンセットを用意しよう

切手を直接手で触ると、指の汗や汚れが切手に付着し、取れなくなったり変色を招いたりします。切手は、直接手で触れることは厳禁です。特に未使用の場合がそうですが、裏糊を洗い流した使用済み切手でも厳禁となります。
切手を扱う場合、切手用のピンセットを使用して下さい。普通のピンセットでは、物に接する部分に滑り止めのギザギザが加工されていたりしますが、切手用ピンセットでは、その部分が平滑になっていて、切手を傷付けることなく扱えるようになっています。切手用ピンセットは、安価な道具ですから、切手収集するのであれば、必ず入手しておく必要があります。切手収集の道具として、何よりも先に手に入れなければならないのは、この切手用ピンセットです。

image

ストックブックなども必要


ストックブックとは、厚みのある台紙に透明のポケットが何段も重ねられたページで構成される切手収納用の道具です。切手を単片でなくシートで集めている人は、ストックブックに切手シートは入りませんので、切手シートファイルを使用します。
ストックブックは、仮収納のためのもので、最終的には切手アルバムに整理して、収納および鑑賞します。切手アルバムは、ルーズリーフ方式になっていて、リーフ(ページ)は画用紙ほどの厚みの厚紙からできていて、方眼模様が薄い色で印刷されているのが普通です。切手は、このリーフに貼り込みますが、マウントと呼ばれるプラスチックフィルムでできた切手保護材で包んでから、マウントの裏に塗られている糊を湿らせて、貼り込むことになります。マウントの代わりに切手ヒンジを用いる場合がありますが、切手の裏をヒンジの糊で汚すため、使用済み切手にしか用いられません。リーフには、切手名称などを書き込みます。